2022年2月9日

ベビーシッターの仕事内容とは

小さな子供を預かり、仕事などで忙しい両親に代わって身の回りのお世話や遊び相手をするのがベビーシッターの仕事内容です。一般的に託児所やベビーシッターサービス派遣会社などにスタッフ登録し、パートや派遣社員といった形で働いています。保育士や幼稚園教師など、子供に携わる仕事に就いていた人や資格を取得している人は優遇される傾向にあります。ベビーシッターは依頼された家庭や託児所に出向き、子供の食事や遊び相手をしながら一緒の時間を過ごします。

小さな子供は危険なことを理解できずに自由な行動をするので、子供の安全を第一に考えて注意深く子供と接する必要があります。特別な資格を必要としない職業ですが、子供の扱いについて知識や技術は身に付けている必要がある仕事と言えます。利用するのは子どもを保育園に預ける事ができない人や、急用で一時的に預かって欲しい人が多く、勤務時間や仕事内容は保護者の要望や希望に柔軟にそいます。ベビーシッターはあくまで子供のお世話や安全の確保を目的とするので、学習やしつけを積極的に行うことはありません。

しかし、依頼主の要望に応じて簡単な学習やしつけなどを行う場合もあります。現在は共働きの家庭が多くなり、ベビーシッターの需要は高まっています。そのため保育だけでなく、勉強や楽しく過ごすためのコミュニケーション、しつけなどの様々なサービスを付加価値として提供している業者も増加してきているのが特徴です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です