2022年2月6日

ベビーシッターについて

現在の日本では、男性も女性も性別関係なく社会にでて働くことが一般的になっています。子供のお世話をするのは女性の役割であると昔は言われていましたが今は違います。子供の世話を手伝ってほしいと願う方々の心強い味方になってくれるのが、ベビーシッターです。ベビーシッターの役割は、子供のお世話を両親の代わりにすることだと思われていますが、根本的にはその子の将来のことを考えてよい性格を形成することに力をどれだけ注ぐことが出来るかということが重要になってきます。

子供は幼少期にどれくらいの両親の愛情を受けるかによって人格、性格の形成の仕方が変わってくるといわれています。両親の愛情を十分に受けずに育った子供は非行にはしったり、犯罪を起こしてしまったりするケースもあります。そこで、ベビーシッターは衣食住のお世話だけでなく、忙しいご両親に代わって十分な愛情を注ぐことが大切です。忙しいご両親だけがベビーシッターを必要としているわけではありません。

体の自由の利かない人のお子様のお世話や、障害の持ったお子様のお世話をすることもあります。それぞれの家庭で込み入った事情がある場合や、その家庭の教育方針、こういった子に育ってほしいという願望、考え方は様々あります。そういったことをすべて含めて、ご家庭とともに歩んでいくことのできる人や、子供の人生がかかった重要な仕事ともいえるので子供が大好きで責任感のある人が向いている職業だと思います。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です