2021年12月24日

ベビーシッターを利用するメリット・デメリット

子育てと仕事を両立する母親にとって仕事中に預けておく環境の確保しておくことは重要なことです。ベビーシッターは保育園や幼稚園と違って依頼者の自宅など登録された場所にシッターが来てくれます。自宅にシッターが来てくれて子供の面倒を見てもらいますが、保育園に馴染まない子供であっても自宅で過ごすことであれば落ち着いて留守番してもらったり、急に病気になって看病しなけらばならないなどとても重宝することができます。ベビーシッターは保育士や看護師などの資格を持っている人が多く、基本的には個人でお願いするため時間の融通が利きます。

料金を抑えたいときには学生を派遣するという方法や経験豊富なベビーシッターだけという依頼方法もすることが可能です。全国ベビーシッター協会という団体に所属する会社の場合には全国統一の研修が実施されるためスキルは一定以上の水準をキープする努力がされていますい。派遣会社にもよりますが、宿泊など幅広い時間帯のプランも利用することができ、簡単な家事や子供の入浴補助などもお願いするプランもあります。利用するメリットは依頼者の自宅で預けることができ、早朝や深夜などの時間帯の融通もつけることが可能です。

急な依頼にもお願いすることができ、冠婚葬祭会場など外出先へ依頼したり、簡単な家事もお願いすることが可能です。病気の子や病後の子供も預けることができ、短期間での利用も可能です。保育園で気の合わない先生や子供がいても保育園を変えるしか方法しかなく簡単に環境を変えることはできませんが、シッターの場合には選ぶことが変更することも可能です。デメリットは料金が高く、自宅へ他人を招くことになるため信頼が必要です。

会社によっては毎回派遣されるベビーシッターが異なる場合もあります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です