2021年12月9日

ベビーシッターに求められるものとは

ベビーシッターとは、個人の家や民間の託児所などにおいて、6ヵ月から12歳程度までの子どもの保育や世話を行う職業のことです。ベビーという名称から誤解されがちですが、乳幼児だけを対象としているわけではありません。また、障害をもった子どもの世話を専門とするベビーシッターも存在します。ベビーシッターとして働くには保育士のように専門の資格を取得する必要はありませんが、これらの専門的な知識を必要とするベビーシッターは、保育士や看護師の免許を取得していることが求められます。

ベビーシッターに特別な資格は求められないものの、子育て経験などを重視する企業もあります。働く方法としては、派遣会社などに登録して、アルバイトやパートとして仕事をする人が多く見られます。中には企業の保育施設なに正社員として就職する働き方もあったり、独立して開業している人もいます。仕事内容としては、保護者が仕事や病気などの事情で子どもの面倒を見られない時、一時的に親の代わりとなって子どもの生活の世話やサポートを行います。

基本的に歯排泄や食事、お風呂の補助や、一緒に遊んだり勉強するのをサポートしますが、具体的な仕事内容については、依頼者の要望によって異なってきます。また、近年では子どもの世話以外にも、家事代行サービスも請け負っている会社があります。仕事などで保護者が忙しく、家事を十分に行えないケースや、出産直後や病気など体調が悪く身体が動かせない場合などに利用する依頼者もいます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です