2021年12月6日

ベビーシッターの仕事内容とは

ベビーシッターとは、サービスを提供する会社へ派遣登録を行ったり、託児施設などに就職して、6カ月から12歳程度の年齢の子供のお世話や見守りを行う仕事です。派遣やアルバイト・パートでの勤務が多く、個人でベビーシッター業を開業してサービスを提供している人もいます。託児施設など施設に通って働くこともありますが、ほとんどが依頼者の自宅へ訪問して子供の世話をします。また、ベビーシッターの自宅で依頼者の子供を預かるケースも見られます。

保育園などと違い、世話をする子供の数は少なく、1人か2人程度の個別保育が中心です。子供と深く接する職業なので、その変化や成長を間近で感じることができるのが魅力です。食事や排せつなど生活の世話や、遊びの見守りなど保育士と似通った仕事内容です。基本的に仕事は1人で行いますので、仕事上の人間関係は複雑にはなりません。

しかし子供や保護者と接する時間が多いので、依頼者の家族と深い信頼関係を築くスキルが求められます。ベビーシッターになるために資格は必要ありません。社団法人の用意する民間資格が存在しますが、資格を取得していなくても仕事を行うことは可能です。ベビーシッターの会社が提示する採用条件を満たしていること重要で、資格があれば有利になる可能性はあります。

資格が無くても、子育て経験者や保育士の資格がある人は有利です。近年では需要が高まっている職業の一つで、経験が無くても希望者を採用する会社が増加しています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です