2021年12月3日

ベビーシッターの主な仕事

ベビーシッターというと保護者の代わりに、赤ちゃんのお世話をするというイメージが強いようですが、実際はそうではありません。対象年齢は生後6カ月くらいから12歳くらいまでの子どもと幅広く、業務内容も契約によってそれぞれ違います。ベビーシッターの主な役割は、保護者の都合で子どもの面倒を見られない時間に、保護者に変わって子どもの面倒を見ることです。トイレや食事、お風呂など生活の基本になることに加え、子どもと遊んであげたり勉強を教えてあげたりと、保護者が普段行っていることを仕事とします。

保育園や学校への送迎がセットになっている場合もあります。他にも家事代行サービスが含まれている場合も。掃除や洗濯といった一般的な家事のほか、日用品や食料品の買い出しなど、忙しくて手の回らない部分をフォローしてくれます。この場合は、業者によって違いますので、契約内容をよく確認してみてください。

また病気がちの子どもや、障害児のための専門のベビーシッターも存在します。専門知識が必要なため、一般のシッターではなく、特別な資格を持った方が従事していることが多いようです。保育士や看護師などの専門な方にみてもらえれば安心ですが、こちらも業者によって違いますので、契約前によく確認してください。ベビーシッターの仕事は、ご家庭の状況やお子さんの人数などによってさまざまです。

最近ではベビーシッターサービスの業者も増えてきていますので、お子さんの状況やライフスタイルにあったところを探してみましょう。二宮の掃除のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です