2021年10月18日

千葉県での保育士の仕事。

千葉県は面積が広いため、自分の条件や好みの環境などの選択肢も多いところが魅力です。都会が良いという場合は都心に近い地域、また千葉市内も便利な上に交通機関が充実しているためアクセスも良く、仕事帰りの遊びにも便利です。都内に住んでいても、東京と千葉を結ぶ電車も運行しているので通勤もしやすいです。千葉県には有名スポットも多くあります。

都内のような窮屈さはないし、住みやすいという評価を得ているといことは、環境が良いといえます。働く上で周りの環境の良さは働く環境の良さと比例すると言えるでしょう。また、房総半島など市内から離れると自然豊かな地域で働くことが可能です。都心や市内で体験できないことも、子供たちと一緒に経験することができます。

間近で稲の成長を見守ったり、田舎ならではの広い園庭の畑で季節の野菜の栽培の経験できるのは現代において貴重な体験です。房総半島の一部の保育園では九十九里浜へ地引網の体験をして昔からの漁業を学べるところもあります。農家さんのご厚意で稲刈りやトマトの収穫のお手伝いをしたり都会では味わえない魅力がたっぷりあります。保育士の仕事でもある、子供をのびのびと人間らしく育てるということを達成するためにも、保育士自身がのびのびと自分が生かせる環境に身を置くことが大切です。

このようなことからも、千葉県で保育士をするのは選択肢が広がり、自分の能力、経験を最大限に生かせる地域だと言えます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です