2021年10月15日

保育士として千葉で働くには

保育士になろうと思ったら、短大や大学、専門学校などで保育に関する勉強をする必要があります。これは机上の学習だけでなく、そのほかにも実習などをしていくことで、より子どもに対しての理解を深めていきます。そして資格を取得できるようになるのです。現在、保育士の資格を有する人はかなりいると思われるのですが、実際現場で働く人がそれ程多くないのが現状です。

これも給与や労働環境のことなどから、他の仕事を選ばざるを得ないということもあるのです。全国的に見ても保育士不足などから、待機児童の問題がクローズアップされています。東京や大阪などの都市部では社会的な問題でもあって、その付近の首都圏などでも話題になることです。千葉県や埼玉県でも東京都内に通う人たちが子どもを預けたくてもなかなか預けることができずにいて社会復帰の妨げにもなっているのです。

それを解消すべく、千葉県でも若い夫婦が子どもを産み育てやすいように保育所を増設したり、潜在保育士を確保しようという動きが見られるようになりました。受け皿を増やしているものの、まだ不足している状態であるため、さらなる改善策が必要になることでしょう。千葉県での保育士の求人はかなりある状態でもあって、認可保育所などで100人以上も園児がいるようなところもあり、常に人材を必要としている状態です。ですから資格があれば、わりと採用されやすいことでしょう。

あとは保育に対する意欲や態度などが重要になります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です