2021年9月6日

大阪のベビーシッターの活用状況について

大阪には数多くのベビーシッター斡旋会社があります。男女雇用機会均等法の施行以来、夫婦共々、正社員として働く世帯が増えており、子供を保育施設などに預けざるを得ない状況がありますが、大阪などの都心部では多くの需要があるため、自治体を中心に保育施設を建設しているものの、全く追いついていません。そこで、重宝されているのがベビーシッターなのです。ベビーシッターになるためには、国家資格は必要ありませんが、保育士の資格を有した人が数多く転職しています。

というのも、保育士は要員不足の影響で、一人あたりの労働時間が極めて長時間であり、結婚や介護などで短時間しか働けない人には適さない職場となっているのです。こういった、潜在的な労働力の掘り起しが行われているのです。つまり、保育士が転職することにより、保育所や幼稚園と同等の幼児教育も期待できるのです。さて、実際にベビーシッターを依頼する際、「どこに依頼するか」で頭を悩ます人も少なくありません。

特に大阪には数多くの斡旋会社がありますから、迷ってしまうのも無理はありません。そこで、比較・口コミサイトで2~3社に絞込みを行った時点で、子供を連れて、事前に会ってみることが良い方法です。ベビーシッターを上手く活用するためには、当日にいきなり子供たちに会わせるのではなく、まずは事前に顔合わせを行うことが重要です。実際に子供に会わせて、当人同士の相性を確認することで、双方に安心感が生まれますので、要請した日もスムーズにお世話を任せることができるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です